横浜・神奈川で会計事務所・税理士をお探しの方へ

TOPへ
動物病院の会計
アクセス
お問い合わせ
原田会計事務所
原田会計事務所
動物病院の会計

●横浜市青葉区:動物病院

 ベルジェ動物病院 堀川 智生 院長

ベルジェ動物病院1
ベルジェ動物病院2
ベルジェ動物病院3
ベルジェ動物病院4
100%我々と向き合ってくれていると感じます
自分が治療に係わった動物たちが元気になっていく姿、そして飼い主様が喜んでくださる姿を見ることがこの仕事のやりがいです。独立して経営していくのは苦しいことも多く打ちひしがれたこともありますが、自分の力と思いで運営できるという楽しさがあります。
開業当時の30年ほど前は、獣医療にできることは限られていて、専門医療という言葉の確立もなく、高度な医療を求める場合は大学病院に頼るしかありませんでした。
しかし特にこの10年くらいは獣医療が発展し、動物たちの飼育環境や食生活も改善され、そして嬉しいことに、動物たちは家族であると考える飼い主様が増えたことから、開業当時に比べてだいぶ長生きする子が増えてきました。と同時に、人間と同じように生活習慣病や老化によるさまざまな病気になる動物たちも増えました。我々は患者さんに寄り添うことが基本であり普通であると考えています。年中無休にしているのも、患者さんにとって安心材料のひとつになれば、という思いもありました。100%患者さんと向き合うことが当院の指針です。患者さん一人ひとりの相談したいことや心配事は違うので、診察時間が長くかかってしまうこともありますが、最後に患者さんの笑顔が見られた時や感謝の言葉を頂けた時には至上の喜びを感じます。
我々は、環境の流れにも対応し、患者さんの望む治療ができるよう地元に密着した1次病院である「町医者」に徹しながら、質の高い医療が提供できて、必要に応じて高度医療の施設を紹介することもできる、その見極めがきちんとできる頼れるホームドクターでありたいと思っています。
開業当初から別の会計事務所さんにお願いしていたのですが、開業時に比べ事業が大きくなっていることと、現在副院長をしている息子に事業承継することを考えた時に、もっとフットワークの軽い会計事務所に変える必要が出てきました。そんな時に知人に紹介されたのが原田会計事務所さんでした。
実際、原田会計事務所さんに変えてみて、フットワークの軽さと対応の良さ、仕事の的確さに非常に満足しています。痒いところにまで手が届き、会計業務の仕事量も減り経理が楽になりました。経営分析が的確なので、改善点の指導もしていただいています。 決算書をしっかりと分析してもらえることによっていろいろと戦略を練ることができるようにもなりました。我々は医療のプロですが、経営のプロではありません。専門の方に教えていただけるのは非常に心強いです。毎月の訪問時に前月の数字をすぐに出してくれますし、とにかくびっくりするくらい仕事が早いです。
100%我々と向き合ってくれるこのレベルのサービスを提供し続けていただけるなら、他の会計事務所に変える理由は何もありません。 今後は息子への事業承継をしていく予定なのですが、原田会計事務所さんにお願いしている限りは上手くやっていけると思っています。
動物病院の会計

●横浜市保土ヶ谷区:動物病院

 トトロ動物病院 小松 正史 院長

トトロ動物病院1
トトロ動物病院2
トトロ動物病院3
トトロ動物病院4
患者さんに寄り添う医療を目指しているからこそ感じるものがあります
●質問:「付き添い看護型医療」を薦めているのはなぜですか?
本院では、それぞれのワンちゃん・ネコちゃんとしっかり向き合い、症状を飼い主さまに理解してもらったうえで、必要な治療方針を説明していきます。ワンちゃん・ネコちゃんを病院に連れて行くと、飼い主さまから預かり、離れた診察室の中で検査や採血をする場合が多いのですが、飼い主さまにとってそれは見えない治療をしていることになります。診察室の中で何をされているのか分からないし、鳴き声だけが聞こえてくるのは不安だと思います。なので、当院では採血も検査もできるかぎり飼い主さまとワンちゃん・ネコちゃんが一緒にいられるよう「付き添い看護型医療」というスタイルを取っています。
●質問:「セカンドオピニオンの受け入れ、各種手術のご相談」とHPに書かれていますが、大学病院や他の2次診療病院への紹介もされているのですか?
長い間病気が治らなくて今の治療に対して不安にかられて当院にやってくる飼い主さまもいらっしゃいます。飼い主さまのお話をお聞きしたうえで、最適な検査・治療のご提案をさせていただきます。高度医療機器(CT・MRIなど)を必要とする場合は2次診療施設へのご紹介も行っています。ワンちゃん・ネコちゃんにとって最適な治療を受けられる診療施設へ導くことも1次診療である本院の大切な役目であると考えています。
●質問:動物たちの寿命が延びていると言われていますが、先生はどう思われますか?
獣医療の発展と室内飼育の増加により、ワンちゃん・ネコちゃんの寿命は延びていると思います。それでも実際には、寿命と言われる年まで生きられない子もやはりいます。私は、寿命を超えるまで生きることだけが全ての満足・幸せではないと思っています。その子の人生をその子が幸せに過ごすために、大事なのはその子にとって「一番幸せな治療」とは何かをいつも考えています。
●質問:原田会計事務所を選んだ理由を教えてください。
原田会計事務所さんに切り替える前までは、こちらの税務関係の仕事が多く日々の診療業務に加え税務処理に追われる毎日でした。また、以前の税理士さんによる訪問は、半年に1度しかありませんでした。税務関係は妻に任せているのですが、病院業務に加え家事・育児と業務負担があまりにも多く、さらに税理士の訪問・税務関係の確認事は半年に1度と…私たちに寄り添ってくれているとは感じられませんでした。 それが原田会計事務所さんに切り変えてから、今まで理解しきれていなかった税務関係をわかりやすく説明してくれたり、社労士さんを紹介してくれたりと、寄り添ってケアしてもらえていると感じています。また、提出書類の分別の仕方などが非常にシンプルで誰にでもわかる形になっているので、税務処理に費やすストレスがなくなり、診療業務によりいっそう向き合えるようになりました。 これからももちろん原田会計事務所さんにお願いしていきたいと思っています。他にも動物病院を開業される先生がいらしたら、原田会計事務所さんをご紹介したいと思います。
動物病院の会計

●東京都町田市成瀬台:動物病院

 スミレペットクリニック 金 修敏(キム スーミン) 院長

スミレペットクリニック1
スミレペットクリニック2
スミレペットクリニック3
スミレペットクリニック4
最初からすべてをお願いしてしまって本当によかった
子供の頃から動物が好きで、動物を助けたい、動物に関われる仕事がしたい、、、と考えたらたどり着いたのが獣医師でした。 大学院では犬猫の心臓病を専門に学び、その後は大学病院などの勤務医として働いていましたが、大きな病院では遠くから来る人も多く待ち時間も長くていざと言う時にもっと身近で診られる獣医師がいたらいいのに、と思っていました。予防だけでなく気軽になんでも相談できる動物病院ができれば、、、と、いずれは開業を考えていました。
結婚をして子供が生まれたことをきっかけに、獣医師としてだけではなく母親としても充実したいという思いから、時間的に制限のある勤務医を辞め2018年に開業することにしました。
開業手続きには税務署への提出物や会計上揃えなければならない書類がたくさんありますが、機材選びから薬の仕入れ、値段設定、広告についてなどいろいろな手続き以外に費用もかかるので節約するために自分で出来ることはやってみようと思っていました。でもやることがあまりに多くて手が回りそうもありません。中途半端な状態で誰かに頼むよりも、任せられるものはまるごとどこかにお願いしたい、とネットで探していたのですが、大手の会計事務所は費用は経済的だけれどやりとりはメールだけなど、淡々として事務的過ぎるという知り合いのアドバイスもあり迷っていました。
これからのお金に関するすべてをお任せするわけだから、信用してずっとお願いできる会計事務所がいいと思っていました。たまたま見つけた原田会計事務所さんのホームページに掲載されていた「お客様の声」を見て、動物病院の会計をしていることとその内容に、これは信用できるかもしれない、と直接電話をしてみました。
今思うと最初からすべてを原田会計事務所さんにお願いしてしまって本当によかったと思っています。 分からない時に教えてくれる、というよりも何も心配しないでお任せすることができたので、精神的にも時間的にもゆとりを持つことができました。
開業に関するすべてが初めてなので、丁寧な説明と親切な対応がとても助かりました。今は月に1度来てくれるのでとても助かっています。訪問時間は1時間くらいですが直接顔を合わせるので話しやすいです。今後は、毎月の経理のこまかなプラスマイナスについてもいろいろ相談していきたいと思っています。
クリニックの名前になっている「スミレ」の花言葉は「誠実」「謙虚」「小さな幸せ」です。そういう気持ちで動物たちと向き合っていきたいと思っています。まだ女性医院長の動物病院は少ないので、明るく気軽に話がしやすい獣医師でありたいです。
動物病院の会計

●綾瀬市深谷:動物病院

 田中動物病院 田中和人 院長

田中動物病院1
田中動物病院2
田中動物病院3
田中動物病院4
会計士という視点からのアドバイスに期待しています
犬や猫、うさぎ、ハムスター、鳥などにも対応した全科診療をしています。
動物たちは言葉をしゃべれるわけではないので、どこかに特化した診療にしてしまうと「何が起こっているか」が理解できないことが多いです。なので、総合的に診療できるよう心掛けており、特にレントゲンや超音波検査などの画像検査に力を入れています。
一番大事なのは、飼い主様の感覚や違和感を聞き出しながら、自分自身が見ての感覚と照らし合わせて、コミュニケーションを取ることです。飼い主の感じる違和感に病気が隠れている可能性は高いのですが、それだけでは答えは出せません。その症状は「痛い」からなのか「気持ちが悪い」からなのか。画像検査や血液検査なども活用し、病気自体を特定して、答えを導き出していきます。そして必要な場合は手術にも対応し、飼い主様の考えに寄り添った治療方法を提案します。
動物は人間よりも我慢強くて、基本的には弱みは隠そうとするものです。たとえ飼い主様に対してでも。ですから、病気に早く気付いてあげられるように、気楽に入れる動物病院を目指しています。
開業したのは今年2016年の4月です。  原田会計さんはホームページを見つけて問い合わせました。お話を伺ってみて「この先生なら任せてもいい」と感じられました。押し付けがましいところがなく、でもわからないことがあると、迅速に対応してくれます。
仕事を任せる以上、その人のことを信頼して任せたいのでフィーリングってとても大事だと思うのです。それはきっと動物病院に来た時にその先生とフィーリングが合うか、っていうのと同じですよね。
「よかった」と思うことも大事ですが、「困らない」ことがまず大事です。困ってからでは遅い。今は困ったこともなく安心してお任せしています。
僕らは医療の専門家ではあっても、お金の素人です。そして、開業するということは、医師としてだけではなく、院長としてやっていかなければならない。これからはそういった経営的部分の相談もさせてもらいたいと思っています。僕らとは違った会計士さんとしての視点で見た病院に対するアドバイスも期待しています。
動物病院の会計

●横浜市中区:動物病院

 横浜山手犬猫医療センター 上田 一徳 院長

横浜山手犬猫医療センター1
横浜山手犬猫医療センター2
横浜山手犬猫医療センター3
横浜山手犬猫医療センター4
いつでも仕事に集中できるようにしてくれます
犬好きの家族の中、幼いころから犬と一緒に暮らすのが当然のように育ちました。彼らは遊び相手であり家族であり、例えるなら抱き枕のように、いつも僕に癒しと安らぎを与えてくれていました。
当時、地元では動物病院がとても少なく、病気やケガをしたときにすぐに診てもらえる環境ではありませんでした。お世話になっていた年配の獣医師に、将来獣医師になることを勧められたこともありました。
大学は工学部に入学しましたが、「人の手では作ることのできないもの」、つまり生き物というものに対しての興味は色あせず、農獣学部に入学し直しました。
現在では念願の獣医師となり、「人の役に立ち、且つ生き物に触れられる」というこの仕事にやりがいを感じています。そして一般診療に加え二次診療にも力を入れ、新しい知識と設備を増やしつつ横浜の地域医療に従事しております。動物たちの病気やケガを治すこと、プラスどう健康に生きていくかといったことをふまえ、動物が「生きよう」「治ろう」とするチカラの手助けが出来ればと考えています。
診察と勉強の他に病院を経営するということは、特殊な会計や手続き、届出などが多く、それらの処理作業に時間がかかってしまうのが悩みでした。そこで周りの口コミから原田会計さんにお願いすることにしました。
まず原田会計さんのありがたいところは、相談をしたときのレスポンスが早いこと。そしてその回答が的確なのはもちろん、その周辺事項の解決の提案が素晴らしい。未来を予測したその提案はコンサルの役目も果たしてくれています。何かを始めようとするときには、適した人を紹介もしてくれます。
いつでも仕事に集中できるようにしてくれる、本当に原田会計さんにお願いしてよかったと感じます。これからも変わらずお世話になろうと思っています。
動物病院の会計

●横浜市磯子区:動物病院

 横浜どうぶつ眼科 梅田 裕祥 院長

横浜どうぶつ眼科1
横浜どうぶつ眼科2
質問しやすい環境にしてくれます
人間の場合には内科・外科・皮膚科、さらに細かくいくつもの診療科があります。でも、動物の場合には「動物病院」というひとつのくくりで、すべてを診る病院が多いのが実情です。白内障を患った患者さんがいても、眼科手術のできる医師がいなく手術はできない、という場合も多いのです。20年くらい前まではそのために失明してしまう患者さんも多かったようです。
さらに最近では高度医療を求める飼い主さんも多いので、ひとつの病院がすべての患者さんを抱え込むよりも、それぞれの専門的知識と設備の整った病院同士がネットワークを築いて地域医療を目指し、それに応えていくべきだと考えています。そのためにも、病院向けのセミナーを開催し、眼科知識を分かりやすくそして詳しく学ぶ機会も設けています。
医療に関する知識はあるのですが税務関係になるとほとんど分からず、創業準備にはとても困りました。でも、手続き類を原田会計さんが分かりやすく丁寧に説明してくれたこと、そしてこちらから質問しやすい環境にしてくれたことが心の支えになり、開業までスムーズに運ぶことができました。
創業からまだ日が浅いので、課題はこれからたくさん出てくると思います。でも、日本でまだ数少ない専門機器と専門知識を備えた動物のための眼科医院を目指していきたいので、これからもたくさん質問していこうと思います。
戻る